FANDOM


ヤング・インディ・ジョーンズ 裏切りの館』(原題は『Young Indiana Jones and the Plantation Treasure』)は著者ウィリアム・マッケイ、翻訳宮本巌ランダム・ハウス(日本では偕成社講談社)から発売されたヤングアダルト小説の第1弾。1990年に発売され、1991年にはイギリスでコミック化された。

概要 編集

1913年、ジョーンズ親子がワシントンのジョージタウンに現れる。そこで2人はある少女に出会う。彼女の名はリジーといい、1858年に謎の水死を遂げた祖父の遺産を探していた。インディ、ヘンリーの友人ザッカリー・ウォルトンと共にリジーに協力し南北戦争後の謎に挑む。

登場 編集

登場人物 編集

登場場所 編集

カバー・ギャラリー 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki