FANDOM


ラオ・チェー[2]Lao Che)は中国の犯罪組織のボスである。彼は1935年インディアナ・ジョーンズを殺すことに失敗した。彼にはチェンカオ・カンもう1人の、それぞれ母親の違う3人の息子がいた。

経歴 編集

ラオ・チェーは中国上海で最も悪名高いギャングの1人だった。彼はアヘンと白人奴隷の売買、高利貸し[3]で財産を作った。ラオは犯罪者の企業家として正当なビジネスと不法なビジネスの両方をやっていた。製薬会社、貿易会社、クラブ・オビ・ワンロータス・イーターズといったいくつかのナイトクラブなどを所有していた。彼の犯罪活動には息子のチェンカオ・カンが協力した。ラオは暗黒街の帝王として知られていった。

ラオが頻繁に使用した手口は、遺灰を盗み、遺族を働かせることだった。これは彼が王の遺灰を集めるきっかけとなった。

1924年、ラオは用心棒代を払うことを拒んだ時計職人の殺害を命令した。

1933年、<ロータス・イーターズ>でインディアナ・ジョーンズに初めて出会う。ジョーンズは、ラオが遺灰を盗んで使用人として働かせているウー・ハンの解放を試みた。彼はラオに気づかれないようにウー・ハンの家族の遺灰を取り戻したのだった[4]

1935年、ラオはインディアナ・ジョーンズにピーコック・アイと引き換えに満州族清王朝の初代皇帝ヌルハチを発見するように依頼した。ラオはカオ・カンにジョーンズが発見した壺を盗みに行かせたが、彼は左手の人差し指を失った。翌晩、ラオは元々計画されていた取引を終えるため、<クラブ・オビ・ワン>でジョーンズに会った。ラオが先にダイヤモンドを渡すと、彼はヌルハチの遺灰をラオに渡した。それを調べた後、ラオはジョーンズを裏切った。ジョーンズのシャンパンに毒を入れておいたのだった。ラオは解毒剤を取り出し、ダイヤを奪い返した。ジョーンズは<クラブ・オビ・ワン>で働いている歌手ウィリー・スコットを人質に取ったが、チェンがウー・ハンを射殺するとジョーンズは激怒し、火のついた串を投げて彼に報復した。ラオはジョーンズを殺すために手下を呼んだが、彼は解毒剤とスコットと共に脱出した[5]

ラオ・チェーと彼の生き残っている息子は車で<ナン・タオ空港>に到着した。ジョーンズはラオ・チェー航空の飛行機に乗り込み、ラオに別れを告げたが、ラオは微笑んだ。彼の忠実な部下である飛行機のパイロットがジョーンズを殺すことになっていた[5]

ラオは飛行機に連絡し、パイロット副パイロットインドの国境の近くで飛行機からパラシュートで飛び降りた。飛行機事故でジョーンズたちを殺すつもりだったが、彼らは脱出した[5]

舞台裏 編集

ラオ・チェーの名は有名な哲学者、老子(Laozi)を基にしている。

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』でラオ・チェーを演じたのは、1999年に心臓病によって死亡した中国の俳優、ロイ・チャオである。彼の死の前、ファンは次のインディ・ジョーンズ映画でラオ・チェーの再登場を求めた。スピルバーグはロイ・チャオだけでなく、カオ・カンを演じたリック・ヤングの再登場も考えていた。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. Indiana Jones Wiki
  2. カタカナ表記は『アルティメット・ガイド』に基づく。
  3. アルティメット・ガイド
  4. 巨竜の復活
  5. 5.0 5.1 5.2 魔宮の伝説

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki