FANDOM


レミ・ボードワン[2]Remy Baudouin)はベルギー人兵士であり、第一次世界大戦の間にインディアナ・ジョーンズの友人となった。

経歴 編集

最初の出会い 編集

レミ・ボードワンは20代の初めのほうにコックとしてベルギーの船で働いていた。ある日、メキシコの港に船が着くとレミはルペに出会う。若い2人は結婚してバーを開いた。数年後にメキシコ政府軍が現れてルペを殺すまで2人は幸せだった。レミは報復を望み、また他に行く場所もなかったため彼は革命家パンチョ・ビリャの反政府軍に加わった。1916年の革命のときにレミは16歳のインディアナ・ジョーンズに出会う。2人の間には友情が生まれた。レミはニュース映画で彼の祖国ベルギーが攻撃されている映像を見る。自分の家族を守るためにヨーロッパ行きを決意したレミはインディと共に向かうことにした。2人は戦争へ向かうためにベラクルスを出発した。[3]

Yi11

メキシコ革命時のインディ、レミ及びホセ・ゴンザレス

戦争時 編集

アイルランドへのちょっとした寄り道の後にレミとインディはベルギー軍入隊のためにロンドンに到着した。その後、入隊祝いで入ったカフェ・ベルギーでレミは戦争未亡人のシュゼットに会った。戦争未亡人を見つけるようにアドバイスしてからインディと別れた彼は、4人の子供の母である彼女の下に戻った。彼は召集命令をかけられ、外国へ行くことになった。駅でインディに再会するまでに彼は結婚していた。[4]

Yi25

ソンムでのインディとレミ

彼らの司令官全員が悲惨な攻撃で戦死すると、レミとインディはフランダースへ送られた。生き残っているベルギー人兵士はソンムへ行くことになった。ここでドイツと戦い、勢いを増して攻め込んだがやがて反撃に遭ってレミは負傷した。インディは捕まったが、彼は数週間後に敵の捕虜収容所から脱走して連合軍の前線に戻った。

インディは伝令兵としてバイクに乗っていたが、レミはヴェルダンで戦った。彼は重傷を負ったが野戦病院で数週間過ごして再びヴェルダン行きが決まった。彼らは確実に死ぬことになっていたが、攻撃開始直前でインディが攻撃命令を破棄したため命令は届かず、レミや多くの兵士たちが命を救われた。[5]

塹壕で再会した彼らはパリ[6]での休暇を言い渡された。レミは休暇の間中、地元の売春婦と過ごした。パリでの休暇は彼にとってもインディにとっても必要なものだった。しかし、彼らの上司は前線送り戻そうとした。インディはアフリカへの転任を通して彼を納得させた。アフリカへいつか行ってみたいと考えていたレミはそれを喜んだ。

アフリカでの変化 編集

1916年10月、レミは有能でエネルギッシュで若いインディアナの後に続くことに慣れていたため、インディがベルギー軍をヴィクトリア湖へ行く途中で迷わせてしまうと、レミは大きな不快感を露にした。イギリス軍の部隊と出会ったレミは結局ドイツ領アフリカの塹壕で役に立った。インディはドイツの砲兵隊を爆破し、何人かの気が狂った英国人と共に使節として行った。その任務を終えた後に、老人は逆にインディとレミをベルギー軍まで 'エスコート' することを決意した。だが実際はドイツの元帥パウル・フォン・レットウ=フォルベックを捕まえるためだった。彼らの計画でヨーロッパの移住者の振りをした。そしてレミはやむを得ず女性に変装した。変装は失敗し、全軍がフォン・レットウ=フォルベックに捕まった。レミとインディは脱獄の後にフォン・レットウ=フォルベックを捕らえると観測用熱気球に乗って逃げ出した。誤射で気球が墜落すると彼らは徒歩で囚人を連れて行った。また、彼から地元の生存知識を手に入れた。最終的にドイツ人エージェントはフォン・レットウ=フォルベックを取り戻したが、レミとインディの脱出を許可した。2人は無事にヴィクトリア湖にたどり着いた。

ブーシェ少佐の指揮の下、インディが成長し、嫌な役員になり始めたため、中尉レミは彼を観察した。コンゴを横断する間、レミは孤児の扱いについて彼の指揮官への反乱に参加した。そして彼らは東アフリカから西側へ移動したため彼らの部隊の半分を死にいたらしめた病気を乗り切ることができた。一旦、タボラを占領するための銃器を受け取る目的地である、ポール=ジャンティルに到着すると、往復するときの人員を与えられなかった。1917年1月のこのときにレミは、12人ではヴィクトリア湖へ着くことができないと絶望していた。インディも不幸だった。彼らの友情は厳しく試された。インディが彼の地位を悪用しようとしたときにレミはこの上官の顎に右フックを命中させたためである。

Yi27

アフリカでのレミとインディ

それでも彼らは先に進み続けた。ツツガムシがレミの皮膚と、グループ全体に入りこんだ。運良く彼らは赤道アフリカでドイツ人人道主義者アルベルト・シュヴァイツァーによって救われた。アルベルト・シュヴァイツァーは彼らが最も必要そしていた病院を持っていた。レミはツツガムシによって足の指2本を失った。ジョーンズは任務中の無鉄砲を理解してベッドで友人に謝った。シュヴァイツァーはインディを人道主義のほうへと変えていった。しかし、この医師はフランス軍当局から国籍の理由によって悲劇的に追い立てられることになった。インディとレミが見たようにシュヴァイツァーの患者たちはシュヴァイツァーと彼の妻が強制送還のために捕らえられてポール=ジャンティルへ送られると、病院を出てつまずきながらジャングルへ入っていった。彼らの銃器はタボラではなくヨーロッパで使用するため、ポール=ジャンティルまで運ぶ命令を受けた。彼らはシュヴァイツァー夫妻に別れを告げた。そしてレミはミセス・シュヴァイツァーの荷物を運ぶようにフランス人兵士を怒鳴りつけた。

性格と特徴 編集

レミは1916年5月にシュゼットと結婚する。しかし終戦で初めて再会する。戦争の間、レミは多くの他の女性と関わるなど、彼の妻にとってレミは不誠実だった。

舞台裏 編集

ヤング・インディ・ジョーンズ・クロニクルズ』と『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』でレミを演じたのはベルギー人俳優ロニー・クートゥールである。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド
  2. カタカナ表記は『インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド』に基づく。
  3. ヤング・インディ・ジョーンズ・クロニクルズ』、 『ヤング・インディ・ジョーンズ ジャッカルの呪い
  4. ヤング・インディ・ジョーンズ・クロニクルズ』、"Ireland, April 1916"
  5. ヤング・インディ・ジョーンズ・クロニクルズ』、"1916年 9月 ベルダン"
  6. ヤング・インディ・ジョーンズ・クロニクルズ』、『Demons of Deception

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki