FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。
「警報を鳴らせ!」
―城の女性オフィサー[出典]

この女性SSオフィサーFemale SS officer)は1938年ブルンワルド城の秘密の会議室での高官である。

インディアナ・ジョーンズヘンリー・ジョーンズが炎に囲まれた部屋から抜け出そうとして暖炉に入った際、2人は偶然秘密の会議室に入った。この女性オフィサーはそれに気いて部下に警告した。

Fire

オフィサーと彼女の部下たちが炎にたじろいでいる。

ナチスは炎の部屋に逃げ戻ったジョーンズたちを追いかけていったが、ジョーンズたちは会議室に入り、戻ろうとする彼女と彼女の部下たちが開けようとする扉をアドルフ・ヒトラーの胸像で封じた。そのため彼女たちは炎によって焼死した。

舞台裏 編集

この女性SSオフィサーを演じたのはニコラ・スコットである。

ロブ・マグレガー小説版には彼女は登場しない。会議室のすべてのオフィサーが男性となっている。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki