FANDOM


281.jpg
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。
「ここは城でございます、たしかに。タペストリーもあります。そして、もしあなたが英国の貴族だとおっしゃるなら、わたくしはミッキー・マウスですな」
―"マクドナルド卿"に対して執事[出典]

この執事Butler)は1938年ブルンワルド城で働いていた人物である。ある嵐の夜に見知らぬ男と女が現れ、"マクドナルド卿"と"美しい助手"だと名乗った。この2人はタペストリーを見せるように要求した。だが執事はスコットランド訛りで話すその男が貴族だとは信じがたく、予想外の訪問でもあったため、それを拒絶した。執事はその男が本当に貴族ならば彼(執事)はミッキー・マウスだと答えた。その直後、この男は執事にパンチを食らわせ、執事は気絶した。

舞台裏 編集

  • この執事を演じたのはヴァーノン・ドブチャフである。
  • ジョーンズが彼をノックアウトする前のセリフは当初「もしあなたが英国の貴族だとおっしゃるなら、わたくしはジェシー・オーエンスですな」だったが、ミッキー・マウスに変更された。また、ロブ・マグレガーの小説版ではスコットランドではなくイギリスの貴族ということになっている。
  • 彼の体が隠される場面はカットされた。マグレガーの小説版ではクロゼットに押し込められる場面がある。
  • Indiana Jones and the Last Crusade: The Graphic Adventureでは執事と会話するだけで通過可能である。これはプレイヤーに多くのIQポイントを与えることになる。

登場作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki