FANDOM


この第一次世界大戦エースWorld War One Ace)は第一次世界大戦パイロットを勤め、その後引退した飛行士である。彼は1938年インディアナ・ジョーンズヘンリー・ジョーンズが乗っていたドイツを離れるツェッペリンにいた乗客の1人だった。飛行の間、彼は他の乗客たちに酒をおごられ、大戦での経験を語った。そこにゲシュタポのエージェントが現れ、ドイツに忠誠を誓うものに収拾をかけた。すると、このエース・パイロットは立ち上がり、ナチス(少なくとも彼の故郷)への忠誠を示した。だが、残念なことに酔っ払っていたため、彼とエージェントはジョーンズを追うために複葉機に乗ったが、エンジンを掛けるのを忘れて墜落した。

舞台裏 編集

  • エースを演じたのはフレデリック・イェーガーである。
  • 彼が死亡するくだりは映画ではカットされたが、小説版とコミック版で描かれている。

登場作品 編集

281.jpg
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki