FANDOM


281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。
「その男は選択をあやまった」
―聖杯の騎士[出典]

聖杯の騎士[2]は伝説の3人兄弟の騎士の最後の男だった。兄弟と同じく、第一回十字軍の騎士だった彼はキリスト聖杯を発見した。それをもって150年かけて砂漠を脱出した。

3人の中で最も勇敢だった彼は聖杯を守る役目に選ばれた。次に彼を打ち負かしたものが、彼の代わりに聖杯の番をすることになっていた。数百年間待ち続けた彼は1938年についに現れたインディアナ・ジョーンズに斬りかかる。老騎士は剣の重みにひかれ、倒れる。騎士はインディに剣を譲ろうとしたが、ウォルター・ドノヴァンエルザ・シュナイダーが現れ、阻まれる。ドノヴァンは黄金と宝石で光り輝く杯をエルザから渡され、水を飲む。だが、ドノヴァンは年老いていき、ついには骨になって崩れた。偽の聖杯がもたらした死だった。インディは大工の使う杯を手に取った。それは本物だった。

聖杯の騎士は本物の杯を持って十字架の紋章を通ったエルザのせいで崩れる神殿を見守った。騎士は聖杯の紛失によってその直後死亡したと推定される。

舞台裏編集

フランスの聖杯の騎士が現代の英語を知っているとして描かれている。聖杯の騎士の時代は中世英語が使われていたため、騎士とインディはお互いの言葉は理解できないはずである。

登場作品編集

脚注編集

  1. 聖杯の騎士は第一回十字軍の騎士だった。(1095年 ~ 1099年)
  2. 表記はアルティメット・ガイドに基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki